Tag

標津町 1/1

標津 郷土料理 武田にて しべつ鮭三代漬け丼

(記2016年11月2日) 標津町、郷土料理 武田でお昼ごはん。 席に着くと、ウエルカムミルクが一杯でてきました。 メニューは豊富、何にしようか・・・「鮭、帆立の漬け、イクラに鮭節と、標津町の特産物が、てんこ盛り」と書かれては、もうこれしかないな。 しべつ鮭三代漬け丼! イクラがきらきら! 美味しかった、ごちそうさま!ランキング参加中。ポチっとお願いします! にほんブログ村...

  •  0
  •  0

野付半島 ナラワラ 立ち枯れた木の林が作り出す風景

(記2016年10月17日) 標津町の市街地からだと車で15分程度、野付半島の中ほどにあるナラワラ。 地盤沈下等で海水が浸水して立ち枯れてしまった林。 独特の風景を生み出しています。 さて、そろそろ空港に行かないと。 道東はこういった直線道路があちこちにあります。 月がぽっかり浮かんで、いい感じでした。ランキング参加中。ポチっとお願いします! にほんブログ村...

  •  0
  •  0

標津 サーモン科学館 川を遡上するサケ観察

(記2016年10月16日) 仕事は終わったけど、帰りの飛行機までの時間がた〜っぷりある。 ということでぶらり標津サーモン科学館。6年ぶりだね。 9〜10月限定の、サケが目の前を遡上する「魚道水槽」開通中だ! お〜いるいる! 今回はたくさんのサケが目の前を泳いでいます! ここはサケ類がたくさん展示されていますが、チョウザメくんもいます! ちょっとコワいんです(^^) さて、まだ時間があるなあ。ランキング参加中。...

  •  0
  •  0

ぶらり標津 天空への道

(記2016年10月15日) 標津町に出張、飛行機の時間と仕事の時間、うまいこと合わないんだな、これが。 ということでぶらり標津。 国後島が間近に見える。近いなあ。 港のあたりをぷらぷら。 標津町みどころ30選のひとつ、天空への道へ。 まっすぐな道の先が天まで続いているように見えることから天空への道となったそうな。 写真撮っているときには気づかなかったけど、草刈りのあとの草が結構汚いね(^^) 牧草ロールがこ...

  •  0
  •  0

標津町 知床標津マルワ食品の鮭ぶし 華ふぶき いいネこれ!

(記2011年5月1日) 鮭で作った鮭ぶし、華ふぶき。以前NHKのローカル番組に取り上げられたのを見て、興味がありました。 冷奴にかけてみました。燻されたいい香りにほんのりやさしい鮭のあじ。 美味しいです。 鰹節の伝統製法「手火山造り」の技術を生かしたという鮭ぶし。 その手火山造りってなんだっ?と調べたら、まず読み方から間違っていた。「てかざん」と読んでいたのだけど「てびやま」でした。 それで手火山は、...

  •  0
  •  0

屈斜路湖畔 霞み立つ早春の畑

(記2011年4月30日) 弟子屈町の屈斜路湖畔、水分をたっぷり含んだ畑が、朝日に照らされてもうもうと霞みが立っていました。 こちらは残雪の西別岳。 まだまだ雪がたっぷり残った羅臼岳と知床連山。 今日の札幌はいい天気。 28日、北海道にもようやく桜前線が上陸しました。 北海道の春はこれからです。ランキング参加中。ポチっとお願いします! にほんブログ村...

  •  0
  •  0

イクラの風味がする「鮭とば しょうゆ味」 標津町

(記2010年10月7日) 標津町のサーモン科学館の横にあるショップでお土産に買った鮭とばしょうゆ味。 これウマイです。 イクラを漬けた醤油で味をつけるとのことで、噛むとほんのりイクラの風味と味がしてきます。 製造は(株)マ印神内商店。ポチポチっとね! にほんブログ村...

  •  0
  •  0

標津 サーモン科学館

(記2010年10月2日) 鮭の季節、標津のサーモン科学館に行ってきました。 てっぺんにはいくらちゃんがのっかっています。「はぁ~い~!」  今の季節は鮭の遡上がガラス越しに見える魚道水槽開通中です。 ガラス越しの鮭くん、鼻先がつぶれて痛々しいです。 よく帰ってきました。 命の重さを感じてありがたくいただきましょう。 外のショップでは値札がついて、売られています。 ん、それでナンですか?チョウザメ指パク体...

  •  2
  •  0