ダイスケタイムズ

北海道あちこち飛び回るダイスケが、いろんなまちで食べ歩き、飲み歩き、走り回って、北海道のうまいもん情報、観光情報、アウトドア情報を発信!アルコール日記・キッチン日記も発信中!

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
 

2016 第6回北オホーツク100kmマラソン 蒸し暑い中なんとか完走! 

(記2016年8月1日)

 第6回北オホーツク100km、今年は北オホーツクらしからぬ蒸し暑さの中での大会となった。

 土曜日に札幌から浜頓別町へ。受付のあとは、今年のゲストランナー、阿部雅司さん、谷川真理さん、藤澤舞さんの3人によるトークイベント。ちょっとマイクの音声が聞き取りづらかったけど、面白かった。


IMG_2463.jpg



 その後は前夜祭に参加してお腹いっぱい食べる。ビールはほどほどに(^^)


IMG_2470.jpg



IMG_2471_20160801152140c44.jpg



IMG_2466.jpg



 大会当日の朝、ちょっと霧雨のような感じでかなり湿度が高かったが、気温はそれほどでもなかった。

 朝5時スタート、スタート後2kmほどでいきなりトラブル発生。右足のワラーチがぱかぱか、どこか外れたようだ。

 北オホーツクのために用意した二代目快足くん。二代目は紐の結び方をちょっと変えて新しいシステムを導入したのだが、そのシステムが早々に壊れていた


IMG_2415_20160730045124443.jpg



 二代目は鼻緒のほかに、くるぶしのところも全部鼻緒のように輪を通して、ソールを吊り上げるようなシステムを導入したのだが、右足外側のくるぶしの輪の固結びが路面と擦れて壊れ、紐が外れかかっていた。


 うひゃ〜、スタート早々にこれか!このような事態はあまり想定していなかったんだけど、鼻緒のパーツはポケットに忍ばせていた。はぁ〜持ってきていてヨカッタ!


IMG_2495_2016080115250174a.jpg



 鼻緒パーツを交換して、応急処置的に紐を締め直す。ちょっとバランス悪いのが気になるが、仕方ない。

 いきなりのトラブルで、早々に最後のランナーになる。気を取り直して、ややペースを上げて再スタートだ。

 そこから4〜5kmほど走ったあたりで、また全く同じトラブル。固結びしている部分が路面と擦れて、そこから結び目がほどけるようなので、今度は紐を単純に輪にして結んで応急処置。すでに10分近くのロス。
 これでなんとか紐はほどけることはなくなった。

 前半の名物、エサヌカの8km直線道路!


esanuka.jpg



 紐はほどけはしなくなったが、応急処置的に紐を回していたのでバランスが悪く、エサヌカの途中で紐を一旦外し、当初と同じように締め直す。また時間をロス。

 20km、30kmと進むうちに、足音がパンパン、パンパンいうようになってきた。う〜ん、この結び方自体がだめなのか。吊り上げている構造なので、ここの締め具合がうまくいかず、足裏とワラーチが離れるようだ。

 う〜ん、ちょっと走りづらいなあ、と思いながら走っていたら、33kmのエイド直前で、今度は左足外側のくるぶしの輪が崩壊

 エイドまで300mほど、もうこの吊り上げシステムはやめようと決心する。紐を外しながらエイドまで左足は裸足で歩いた。
 エイドで椅子に腰掛けて、両足のワラーチをサロマを完走した時と同じ結び方に変える。ここでも10分近くロス。

 二代目、新規事業に失敗って感じだ(笑)3kmほどの試走で100kmの履き物を決め手はいかんな。

 50kmまでいけば、快足くんマークⅡを荷物に預けている。験直しだ、後半50kmは幌見峠ランやタルランで実績を積んだマークⅡでいこう。

 二代目は紐を結び直して、やっと普段の走りができるようになった。ここから挽回しないとな〜と思っていたら、ねねすけのじょにさんスペシャルエイドがあった。カフェインの強いコーラで加速だ!


 しかし今年は本当に北オホーツクらしからぬ湿度と気温の高さ。40km〜50kmあたりは今まで曇り空だったのが、青空に変わり、強烈な日差しを受け、気温も急上昇。


 あ〜、これはやばい。2014年のサロマDNFの感じと似ている。暑さに加えて湿度が高く、かなり消耗する。


 暑さ対策のために、50km中間地点で、半袖のコンプレッションシャツを脱ぎ、ファイントラック+チームのランニングシャツだけにした。これがとてもよかった。いくら水を被っても肌と接している部分は乾いているので、お腹が冷えたりすることなく、体を冷却することができる。

 また、DNFのときのサロマとの違いは、ワラーチであること。ワラーチは濡れてもちょっと走ればすぐ乾くので、足元を気にせず盛大に被り水ができるという点が大きかった。


 50km〜60kmは海沿いの道で浜風が吹いて心地よいのだが、内陸部に入ると風がなくなり、もわっとした暑い空気の中を走る感じになった。


 何人かのワラーチランナーとエール交換をして進む。なんとこのブログの読者の方にも遭遇してびっくり!ありがとうございます、無事完走できましたよ〜(^^)


 65km、小川牧場へ向かう登り坂のあたりでまた日差しが強くなるが、被り水で体を冷やして乗り切る。

 前回サロマの時からワラーチの走りが身についてきたようだ。ワラーチは歩きが苦手なので、多少の勾配の登り坂なら走ったほうが楽だ。3kmほどの登り坂も走りきり、これで前半の遅れはかなり取り戻すことができた。


 70km関門を30分ほどまえに突破、80km関門に向けて淡々と進む。

 ちょっと一息いれたいな〜と思うときに、マジックのようにじょにさんエイドが現れる。これには救われた〜!

 75kmあたりで、もうとっととゴールに行きたいな、なんで走ってんだろ、とか、ふと思ったりする。

 80km関門も過ぎて、時間的に完走はほぼ確実になっても、とっととゴールに行きたい!という思いで、足は止めない。それとアブがぶんぶん寄ってくるので、のんびり歩いていられない、という事情もある(笑)

 90kmを過ぎる。周りを走っている人たちはもうみんな仲間だ。あとちょっとですね、とか声を掛け合いながら進む。

 ゴール直前にじょにさんからビールエイド、そして名前を呼ばれながらのゴール!!!


IMG_2496_201608011525045b6.jpg



 自分にとってキツくない100kmはないんだけど、今回の蒸し暑い中での100kmはとってもキツかった。

 サロマに続いてワラーチで2度目のウルトラ完走!今回も足は無傷。アブか何かに刺されてちょっとむくんでいるぐらいのもんだ。

 それとトラブルが前半だったのが不幸中の幸い。あのトラブルが後半にきていたら、戦意喪失になったろうな。

 エイドで何人もの人が「それで走れるの?」とか話しかけてきてくれて、これもまた楽しい。

 「暑くないの?」「通気性100%なので涼しいですよ」
 「痛くないの?」「シューズのほうが痛いです」


 大会関係者、ボランティアのみなさま、お疲れ様でした。今年も素晴らしい大会をありがとうございました。









ランキング参加中。
ポチっとお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: Run!

テーマ: 北海道 - ジャンル: 地域情報

タグ: 浜頓別町  猿払村  宗谷 

[edit]

Posted on 2016/08/01 Mon. 16:42    TB: 0    CM: 0

いざ、第6回北オホーツク100kmマラソン 行ってきます! 

(記2016年7月30日)

 北オホーツク100kmマラソン、2014年にも走っているが、そのときは6月のサロマでのDNFが悔しくて、その悔しさを晴らそうとエントリーした。

 2014年は大雨警報とか暴風波浪警報とか雷注意報とか悪天候モード満載で、開催可否を当日の朝決定するという嵐の中の100kmだったけど、自分にとっていい経験になった。

 このおかげで少々雨が降ろうが風が吹こうがなんとかなるよ、って思えるようになり、それが今年のサロマにも生きた(^^)


 去年は足の故障もあって、エントリーは見送り友達の応援に行った。そのときの前夜祭で町長が「来年は浜頓別町開村100周年なので、記念大会にする」と宣言した。

 そう言われると出ないわけにはいかないねえ。その日に今年のエントリーは決まった(^^)

 規模は小さいけど、ハートフルでいい大会なのだ。

 今回もワラーチで挑戦。そしてノードラッグ、ノーショッツ、補給はエイドのみでいく。 あ、50kmでレッドブルは投入しよう。

 ワラーチは先日製作した快足くんマークⅡに加えて、もう一足用意した。

 マークⅡ、悪くないんだけど、着地の感触が硬いのだ。


IMG_1838.jpg



 初めて本格的に作ったときの組み合わせ、ビブラムシート+EVAスポンジって自分に合っていたのかなあと走っていて感じた。

 ということでその組み合わせでまたまた製作。二代目快足くん完成!

 この二代目がいい感じに仕上がった。北オホーツクは二代目で走って、マークⅡをサブとしよう。


IMG_2420_20160730045119fd1.jpg



IMG_2415_20160730045124443.jpg



IMG_2417_20160730045123b0a.jpg



IMG_2419_20160730045126a75.jpg



 ウェアもどうしようかいろいろ考えていた。夏とはいえ北オホーツク、やっぱり長袖にロングタイツも用意しておいたほうがいいかなと。


IMG_2440_20160729220344ee4.jpg



 だけどなんだか今年はかなりアツい大会になりそうだ。

 今の予報だと最高気温が28℃。うわあ〜!


 20160731hamaton_tenki



 これはかなり厳しい状況になりそうだ。心してかからないといけないな。

 今夜は前夜祭、北オホーツク100kmの旅、楽しんできま~す!


IMG_2443_20160730053803403.jpg








ランキング参加中。
ポチっとお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村
関連記事

カテゴリ: Run!

テーマ: 北海道 - ジャンル: 地域情報

タグ: 浜頓別町  猿払村  宗谷 

[edit]

Posted on 2016/07/30 Sat. 05:39    TB: 0    CM: 0

枝幸 丸信高田屋 ほたての塩辛 

(記2015年10月24日)

 道の駅さるふつ公園内にあるさるふつまるごと館で売っていたほたての塩辛。


IMG_4525.jpg



 普段はあんまりこういうもの買わないんだけど、原材料がシンプルで、これなら美味しい!と思って買った!

 余計なものが入っていない。


IMG_4548.jpg




IMG_4547.jpg



 酒飲み御用達って書いてあるけど、日本酒にピッタリ!ほたてもたっぷり入っているし、お土産におススメです!


IMG_4555.jpg










ランキング参加中。
ポチっとお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村
関連記事

カテゴリ:  道北・道東 買いある記

テーマ: 北海道 - ジャンル: 地域情報

タグ: 枝幸町  オホーツク  猿払村  宗谷 

[edit]

Posted on 2015/10/24 Sat. 10:23    TB: 0    CM: 0

ホテルさるふつ レストラン風雪のホタテフライカレー 

(記2015年10月14日)

 猿払村の道の駅さるふつ公園にあるホテルさるふつでお昼ごはん。


IMG_4476_20151012131520c17.jpg



 メニューは豊富、定食にラーメン、カレー、丼物といろいろ。

 ホタテフライカレーを注文!


IMG_4467.jpg


IMG_4468_20151012131527add.jpg


IMG_4469_2015101213153020b.jpg




 ホタテフライが6枚乗っかっています。


IMG_4471_20151012131730cc0.jpg



IMG_4472_20151012131732704.jpg



 しかしこの薄さは、ホタテ2個か3個ってところかなあ。あくまでも6枚であってホタテ6個ではない。


IMG_4473_201510121317342aa.jpg



IMG_4474_2015101213173430e.jpg



 薄くても味はいい!ホタテフライが美味しくてあっという間に食べました。

 ただルーは平凡。やはりホタテフライカレーといえば、利尻富士町の喫茶店 GRAND SPOT(グラン・スポット)だなあ、と改めて思ったのでありました。



 これはハルミンが頼んだホタテラーメン。


IMG_4470_2015101213152866d.jpg



 こちらにはゴロンとしたホタテが2個入っておりました。


 ごちそうさま!








ランキング参加中。
ポチっとお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村
関連記事

カテゴリ:  道北・道東 食べある記

テーマ: 北海道 - ジャンル: 地域情報

タグ: 猿払村  宗谷 

[edit]

Posted on 2015/10/14 Wed. 06:54    TB: 0    CM: 0

さるふつまるごと館 猿払産の天然5年貝のホタテ貝焼き旨し! 

(記2015年7月25日)

 道の駅さるふつの奥に、なんだか新しい建物が。


IMG_3057_201507232352322e4.jpg



 「さるふつまるごと館」猿払の物産や活ホタテが売っていて、ちょっとした食事もできる。


IMG_3041_20150723235223c6b.jpg



IMG_3043_2015072323523235f.jpg



 「ここは、いつオープンしたんですか?」と聞いたら「7月18日です」とのこと。

 活ホタテ、持ち帰りだと1枚200円。ここで焼いて食べることもできて、その場合は350円。


IMG_3044_20150723235228a88.jpg



IMG_3045_20150723235230bef.jpg



 ここは当然食べるっしょ!


IMG_3046.jpg



IMG_3047_201507232354593de.jpg



 バーベキューコーナーがあって、そこで焼きます。さるふつバターがついてくる。
 ぐふふ!


IMG_3048_20150723235455dc1.jpg



IMG_3050_20150723235459bec.jpg



 だいぶ焼けてきました。しかし焼いているというより、貝の中で煮ている感がつよいけどね。


IMG_3052_201507232355010fc.jpg



 焼けた!とっても身が厚いの!うんめぁ~!


IMG_3053.jpg



IMG_3054.jpg



 ごちそうさまでした!

 まだレジとか慣れてないようだけど、スタッフのみなさんがんばってね!










ランキング参加中。
ポチっとお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村
関連記事

カテゴリ:  道北・道東 食べある記

テーマ: 北海道 - ジャンル: 地域情報

タグ: 猿払村  宗谷 

[edit]

Posted on 2015/07/25 Sat. 05:48    TB: 0    CM: 0

猿払 エサヌカ線 空がとっても広いのだ 

(記2015年7月24日)

 去年、北オホーツク100㎞マラソンを走って、その存在を知ったエサヌカ線。


 北海道には延々続く直線道路がたくさんあるけど、ここの空の広さは素晴らしい。ほかには無い風景だ!


 晴れているととってもきれい!


IMG_2674_2015072323105601c.jpg



 曇っていてもそれはそれでいい!


IMG_2998_20150723231101faf.jpg



 1〜2km進んだって風景は変わらない(笑)


IMG_3030_20150723231532050.jpg



 後ろを振り返っても、ほとんど変わらない。


IMG_2997_201507232310571a0.jpg



 そして今時期は、この広い空間に牧草ロールがゴロゴロしているのがいい。


IMG_2994.jpg



IMG_3000_20150723231756906.jpg



IMG_3010_20150723231801bf3.jpg



 鹿もあちこちで顔を出す。


IMG_3031.jpg



 道路の脇は原生花園だ。


IMG_3033_20150723232031517.jpg



IMG_3036_20150723232036a22.jpg



IMG_3035_20150723232038a30.jpg



IMG_3034_20150723232038520.jpg



 あらためて車で来て思ったけど、去年はよくまあ、あの暴風雨の中走ったもんだ(笑)


 有名になって交通量が増えるのも困るんだけど、ここの道路はおススメです!








ランキング参加中。
ポチっとお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村
関連記事

カテゴリ: 北海道な風景

テーマ: 北海道 - ジャンル: 地域情報

タグ: 猿払村  宗谷  浜頓別町 

[edit]

Posted on 2015/07/24 Fri. 00:15    TB: 0    CM: 0

雨ニモマケズ 風ニモマケズ ヤッタゼ北オホーツク完走! 

(記2014年7月28日)

 今年のサロマ湖100kmウルトラマラソン、ワッカを目前にしての80km地点でのリタイア。

 悔しかった。

 その悔しさを晴らすべく、サロマ翌日の帰り道、砂川SAエリアでのヘンタイ会議で北オホーツク100kmマラソンへのエントリーが決定された。

 週半ばまでの天気予報はまあまあのコンディション、ちょっと暑くなるかもしれないということだった。
 しかし北オホーツクへ向かう土曜日の朝の天気予報は雨マークがずらりと並んだ。


tenkiyoho.png



 う〜む。

 メイン会場の浜頓別町に向けて車を走らせる。道中、ずっと雨で、しかもかなり強い。ど〜なるんだ明日は!
 あ、だけど道中、車のメーターが88888km!末広がりでいいんでないかい!


IMG_4546.jpg



 夕方、会場について受付した際に「天候次第では中止になるかもしれません」とのことで、翌朝4:30に発表となる。

 大雨警報とか暴風波浪警報とか雷注意報とか、悪天候モード満載だ。


IMG_4549_20140728161130eb8.jpg



 前夜祭で腹ごしらえ。カロリーためておかないとね。


IMG_4554.jpg IMG_4556.jpg



 車中泊予定のクッチャロ湖畔キャンプ場に戻るとおーきんとぐっちゃんがホタテを焼いていた。身の厚い浜頓別のホタテ。ありがとうございます!明日はホタテパワーで完走だ!


IMG_4559.jpg



 翌朝4:30、雨が降り続く中、レースの実施が発表された。

 拍手で沸く会場、まったくこのヘンタイどもめ(笑)ということでスタート。


 スタートの時には雨はちょうどあがっていた。

 走り始めて、まあこれぐらいならいいんじゃない!なんて言っていたが、それは大間違いであった。


 浜頓別町から猿払村に入り、国道を右折、道路以外の人工物が目に入らない。見渡すかぎりの原野に牛!
(コースの写真は大会翌日撮影)


IMG_4564_20140728162835190.jpg



IMG_4565.jpg



 延々8km続くエサヌカの直線道路。ここは時空が止まる空間として、その直線のツラさが名物なのかもしれない。

 しかし今回は時空が止まるとか直線がどうこうより、雨と横殴りの風がそれを上回る。走っていて指先がふやけてくるなんて、初めてのことだ。


IMG_4567_20140728162840c3e.jpg



IMG_4568_20140728162845325.jpg



 風景を楽しむ余裕はまったくないし、なんかあまり楽しくない。

 ココロはどんどんリタイアモードへ

 リタイアする理由はそこら中に転がっている。

 しかしなんだ、風雨は厳しいが気温としては走るのに向いている(ちょっと寒いけどね)。暑くてばてばてになるなんてことはない。

 問題はずぶ濡れになってふやけた足の裏がどれだけ持つか。今のところ体調的にはまったく問題ない、というか調子がいい。


 しかし気持ちが、ココロがもう暖かい部屋に、温泉に入りたいよ〜と叫ぶ。

 顔を上げると、雨がモロに顔に当たるので、下を向いて雨に濡れた路面の水たまりを避けながら、ただただ足を運ぶ。


 北オホーツクは、前半50km後半50kmで、前半を終えると一旦スタート地点に戻ってくるコース設定だ。

 前半の最後10km、これでもかこれでもかのアップダウン攻撃!lこれを耐えてなんとか前半50kmを5時間47分15秒で終了。


 気持ち的には「もうこれでいいじゃない、もう十分やったよオレ!」というアクマくんと「何のための前半だ!」というチャレンジャーくんが葛藤する。

 しかしだ、エイドのうどんが冷えたカラダに最高にウマい!世界一ウマい!

 92%ぐらいアクマくんの気持ちだったけど、エイドで世界一ウマいうどんも食ったし、8%のチャレンジャーだが行くしかないでしょう!


 天気もきっとこれから回復するよ!


 天気は一向に回復しなかった。

 前半のエサヌカの暴風雨を耐えれば、あれ以上の悪コンディションはなかろうと思っていたのが、ここでも大間違いであった。

 この海沿いの国道238号、オホーツクラインもなかなかの手強さであった。十分な重量を持つワタシの体が風で流されるのだ。

IMG_4572_20140728164139d2a.jpg


 北オホーツクは参加者が少ないので、後半は、こんな風景の中で前後数百mだれもいない、という北オホ一人旅状況が多かった。

 だけど小ぢんまりとしていい大会だな。エイドは混んでないし、拍手で温かく迎えてくれる。


 ウルトラは知らない人でも気軽に話しかけられる。

 「今日は大変ですね」とか「今年サロマリタイアしたんですよ」「あと◯km!頑張りましょう」思わず話が弾んだり、励まし合ったり。

 前半声を掛けた人は「思い出深い忘れられない大会になりそうです」と言った。なるほど、この暴風雨、そういう見方もあるね。


 60kmを過ぎて、70kmを過ぎて、体は大丈夫、調子がいい。もうやめる理由はない。あるとしたら自分のココロの問題だ!


 そしてサロマリタイアの80kmを超える。しかし体にはここからがキツい、ということが改めてわかった。

 もうここまできたら、完走しか考えない。90kmを超え、ほぼ完走確実となった。

 サロマでは、ペース管理が思うようにできなかったので、今回秘密兵器を購入!バッテリーは30時間持つとのことで、ウルトラマラソンでも安心だ。ここまできちっとラップを刻んでくれた。


IMG_4595.jpg



 浜頓別町の市街地に入ってからが、また随分距離があるように感じたけど、もう最後は走りきる。

 ゴールではひとり一人名前を読み上げてくれる。


 雨ニモマケズ 風ニモマケズ
 エサヌカノ嵐ニモマケヌ
 丈夫ナカラダデ
 ヤッタゼ北オホーツク完走!



 ずっと応援してくれたみなさん、一緒に走ったおーきん、ねねすけのみなさん、現地まで駆け付けて応援サポートしてくれたぐっちゃん、そして北オホーツクの大会を支えてくれたみなさん、ありがとうございました。


IMG_4594.jpg



 サロマで落とした魂を拾ってきました。







ランキング参加中。
ポチっとお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村
関連記事

カテゴリ: Run!

テーマ: 北海道 - ジャンル: 地域情報

タグ: 宗谷  浜頓別町  猿払村 

[edit]

Posted on 2014/07/28 Mon. 17:07    TB: 0    CM: 2

いざ北オホーツク! 

(記2014年7月26日)

 サロマ80km直前でのDNF、暑さに負けたのか、自分に負けたのか、とにかく悔しい。その悔しさ、まずは北オホーツクで晴らそう。ただただ完走を目指す!


IMG_4544_20140726054013a24.jpg


IMG_4545_20140726062231829.jpg


 100km男子、行ってきます!






ランキング参加中。
ポチっとお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村
関連記事

カテゴリ: Run!

テーマ: 北海道 - ジャンル: 地域情報

タグ: 宗谷  浜頓別町  猿払村  中頓別町 

[edit]

Posted on 2014/07/26 Sat. 05:42    TB: 0    CM: 0

バス旅〜天北宗谷岬線の車窓から 

(記2013年12月14日)

 朝カレーを食べた後は、稚内駅前から猿払村の鬼志別(おにしべつ)ターミナルまで路線バスの旅。

 チケットは硬券だ!

IMG_0165_20131210220008ef2.jpg IMG_0166_20131210220010a80.jpg


 自分で運転しないので、車窓からの風景が楽しめる。

IMG_0167_201312102200100a2.jpg


 この日は見られないと思っていた利尻富士がちょっとだけ顔を出した!

IMG_0170_20131210220018c93.jpg


 日本最北端、宗谷岬(click)を経由するようになってから観光客の利用が増えたそうだ。

IMG_0173_20131210220013a16.jpg


 車窓写真は難しい。電柱との戦いだ!

IMG_0175_20131210220530dab.jpg IMG_0180_201312102205303fb.jpg


 宗谷の集落を過ぎると、独特の氷河地形の宗谷丘陵と車窓に広がる。

IMG_0184_20131210220806034.jpg


IMG_0187_201312102208086d7.jpg


 丘陵地を抜けると再びオホーツク海が見えてくる。

IMG_0194_20131210220809216.jpg


IMG_0195.jpg


 猿払村、鬼志別ターミナル着。稚内から約1時間半のバス旅。

IMG_0197_2013121022081103f.jpg


 車窓の景色を存分に楽しめるいいルートでした!






ランキング参加中。
ポチっとお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村
関連記事

カテゴリ:  道北・道東 まちある記

テーマ: 北海道 - ジャンル: 地域情報

タグ: 稚内市  猿払村  宗谷 

[edit]

Posted on 2013/12/14 Sat. 12:50    TB: 0    CM: 0

Route238 オホーツクラインを北上せよ 紋別~稚内 

(記2011年5月27日)

 北上せよと誰に命令されたわけでもありませんが、札幌から紋別へ、そして紋別から稚内まで移動です。


 興部町、牛と牧草の緑とオホーツクブルーが美しい。

IMG_2723.jpg



 枝幸町、ウスタイベの千畳岩。

IMG_2732.jpg


IMG_2730.jpg



 猿払村、さすがほたて御殿の立つ村。ほたての貝殻がこんなに。

IMG_2736_20110527003531.jpg



 稚内市、風力発電の風車が林立する夕刻の宗谷丘陵。

IMG_2742_20110527003530.jpg


 紋別~稚内、約200km。本日のゴールも間近。
 仕事とはいえ、本当はもっとゆったり移動したいもんですなあ。





ランキング参加中。
ポチっとお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村
関連記事

カテゴリ: 北海道な風景

テーマ: 北海道 - ジャンル: 地域情報

タグ: オホーツク  宗谷  興部町  枝幸町  猿払村  稚内市 

[edit]

Posted on 2011/05/27 Fri. 00:37    TB: 0    CM: 0

最新記事

JOG NOTE

カレンダー

カテゴリ

プロフィール

ブログランキング

MY FAVORITE

ブログ村

リンク

過去記事検索

FC2カウンター

支庁・市町村タグ

最新コメント

月別アーカイブ