ダイスケタイムズ

ARCHIVE PAGE

Archive

2008年10月 1/2

東京居酒屋探訪記 銀座 酒蔵秩父錦

(記2008年10月3日) 銀座のビルの谷間に残る素晴らしい居酒屋さん、酒蔵秩父錦。 昭和初期の建物がなんともいえない、いい雰囲気を醸し出します。 つまみは美味しいし、価格もリーズナブル。一品のボリュームも結構あります。 一人でぶらりとカウンターに座るというのもいいのですが、一人でいくと2~3品ぐらいでおなか一杯になりそう。 いやいやえがったのぉ。また行きたいです。 ゆるりと日本酒を飲みたくなる店です。...

  •  0
  •  0

農家の洋食屋じゃが太 倶知安町

(記2008年10月5日) 農家の洋食屋じゃが太は、農家のそば屋の隣、京極のふきだし公園から倶知安方面に向かう道道沿いにあります。  先日久しぶりにランチを食べました。じゃが太コロッケセット780円は、ほくほくのコロッケが美味しいのです。 また、結構なボリュームがあります。 メニューはコロッケ以外にも、シチューやハヤシライスなどもあります。...

  •  0
  •  0

山染まる

(記2008年10月7日) 本日の層雲峡付近の紅葉です。  だいぶいいカンジに色づいてきています。  今週末は見頃でしょう。...

  •  0
  •  0

阿寒富士(1476m)登山記

(記2008年10月12日) オンネトーの後ろには雌阿寒岳と阿寒富士がそびえ立っています。オンネトー行きを決めたあと雌阿寒岳登山も計画していたのですが、気象庁から「火口周辺警報(火口周辺危険)」が出され、雌阿寒岳には登れなくなってしまいました。 ただオンネトー側から阿寒富士に登るルートは規制されていないとのことで、阿寒富士登山に計画を変更しました。 オンネトーのキャンプ場の駐車場の脇に登山口があり、最初は...

  •  0
  •  0

チミケップ湖 ひっそり静かな紅葉

(記2008年10月13日) 津別町の山奥にひっそりたたずむチミケップ湖。ダート道のアクセスは快適とはいえませんが、そのアクセスの悪さが静かな環境を守っているのかもしれません。 ダート道もまたよし 湖畔のキャンプ場は湖を目の前にした贅沢なロケーション。静かに本を読みたくなるキャンプ場です。 秋も深まったこの時期は、人間よりも鹿の利用が多いようで、鹿のふんがあちこちにありました。 湖畔のキャンプ場 今回は湖...

  •  0
  •  0

川湯温泉はええですなぁ~

(記2008年10月13日) 登山のあとは温泉がお約束。阿寒富士登山のあとに向かったのは、弟子屈町の川湯温泉。五寸釘を入れておくと一週間でぼろぼろになるという強酸性の温泉です。 温泉街はどこも源泉掛け流し。これが本当にいいお湯なんですなあ。 個人的には道内泉質5本の指に入ります。 登山のつかれもあり、食事からもどって1時間後には爆睡。 翌朝は気合いをいれて、早朝から硫黄山まで散策です。 朝、湯煙がたち上る...

  •  0
  •  0

オンネトー 刻々と色が変化する神秘的なブルー

(2008年10月13日) 足寄町にあるオンネトー湖。雌阿寒岳の麓にある小さな湖です。足寄町といっても、エリアとしては、もうほとんど阿寒ですね。 オンネトーの湖面の色は、光の具合で刻々と色が変化していきます。 この変化する水の色を眺めているだけでも楽しいです。 紅葉の時期は狭い湖畔の道路が混雑し、車を停めるのも大変な状況になります。 落ち着いて湖を見るためには、奥のキャンプ場の駐車場に停めて、ゆっくり歩い...

  •  0
  •  0

元祖砂湯クッシーくん

(記2008年10月13日) わが輩は元祖砂湯クッシーである。 ・・・そうですか、元祖ですか。 ところでその足元に見える車輪はなんスかね?  まあいいや、見えないことにしておきましょう。  で、元祖クッシーくんをこわしたりすると大変ですよ!  破損金100万円!...

  •  0
  •  0

旭岳温泉 湧駒荘でのんびりゆったり

(記2008年10月14日) 11日(土)、3連休初日。のはずが、東川町で18:00からお仕事・・・。 む~、困ったもんだ。しかし東川に行くなら、それまで遊んじゃえ!ということでロープウエーに乗って旭岳を楽しもうと計画。 だいぶ雪が積もっているようだけど、姿見の池ぐらいまでは行けるかなと考えていました。しかし当日は、残念ながらの悪天候。ロープウエーも運休で断念。 雲におおわれて真っ白 ここまで来て手ぶらでは帰れ...

  •  0
  •  0

天人峡 羽衣の滝は美人の滝だな

(記2008年10月15日) 旭岳はすっぽり雲に覆われての雨ですが、下界は曇り。 登山をあきらめ、天人峡に行って紅葉を楽しみました。天人峡は、温泉宿4軒の小さな温泉郷、羽衣の滝が有名ですが、滝に行く手前の七福岩も見ごたえがあります。七福岩(2007年10月) 羽衣の滝は、一番奥にある宿から先に忠別川に沿って遊歩道があり、10~15分ほど歩くとたどり着きます。 遊歩道入り口すぐにあるのが涙岩。 天人峡の羽衣の滝は、落...

  •  0
  •  0

天人峡 敷島の滝はワイルド、迫力満点!

(記2008年10月15日) 羽衣の滝から忠別川をさらに600mほどさかのぼりますと、敷島の滝があります。 羽衣の滝は、天人峡に訪れた方はほぼ100%訪れるといってもいいのですが、その先の敷島の滝まで行く人はあまりいません。確かに道はあまりよくないのですが(増水時はやめた方がいいでしょう)、いきなり川っぺりに降りたりして、ちょっとしたプチアドベンチャーが楽しめるナイスな道のりです。  ↑こんな道を歩いて20分ぐらい...

  •  0
  •  0

BEER BEAUTIFUL COEDO BREWERY 2

(記2008年10月18日) Beer Beautiful! 今宵はCOEDO(小江戸)ビール 再び です。 前回は「白-Shiro-」に「瑠璃-Ruri-」でした。 さて、今回は 黒ビールの 漆黒-Shikkoku やや赤みがかったダークブラウンの 伽羅-Kyara 滑らかで細かい泡立ちの漆黒。 しっかりした味わいの伽羅。 どちらもAll Malt。 これからの季節にじっくり味わいたいビールです。...

  •  0
  •  0

特別なクラシック'08富良野VINTAGE

(記2008年10月22日) 我が家の定番ビールはサッポロクラシック。クラシック一筋10数年。たまにプレモル子やハートラン子、同族のエビ子に浮気したりしますが、やっぱりクラシック。  そのクラシックに数量限定の特別クラシックが♪  発見!即買いです。クリスマスを思わせる色合いの缶のデザイン。  サッポロクラシック '08富良野VINTAGE 摘みたて生ホップ使用  う~ん、ホップの香りがさわやか。うんまいですな~。  サッ...

  •  0
  •  0

微笑みの降る星 長倉洋海写真展 北海道立釧路芸術館

(記2008年10月25日) 微笑みの降る星 長倉洋海写真展 北海道立釧路芸術館 2008年9月13日(土)~11月13日(木) 恥ずかしながら釧路出身の長倉洋海という写真家のことは知りませんでした。 釧路芸術館に入ったのも、ちょっとした時間潰しだったのです。 だけど入ってよかった。観てよかった。 子どもたちの生き生きとした表情、生きているということが実感できる、そんな写真がたくさんあります。 これを観たあとには、...

  •  0
  •  0

ポテチの季節

(記2008年10月26日) じゃがいもが安くて豊富な季節。 そして、外遊びもだんだんできなくなってくる晩秋の午後というシチュエーションが揃いますと、私のポテチづくりの虫が動き出します。 スライスして揚げるだけ。こんな単純なのに美味しいのですね。 揚げ始めるとすぐに子どもたちが鼻をひくひくさせて寄ってきて、揚げてるそばからつまんでいきます。 「こらぁ!」といいつつ揚げてる本人もぱくぱく。 春先になると糖分...

  •  0
  •  0