ダイスケタイムズ

北海道あちこち飛び回るダイスケが、いろんなまちで食べ歩き、飲み歩き、走り回って、北海道のうまいもん情報、観光情報、アウトドア情報を発信!アルコール日記・キッチン日記も発信中!

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

東京居酒屋探訪記 銀座 酒蔵秩父錦  

(記2008年10月3日)

 銀座のビルの谷間に残る素晴らしい居酒屋さん、酒蔵秩父錦。
 昭和初期の建物がなんともいえない、いい雰囲気を醸し出します。


IMG_6905.jpg



IMG_6904.jpg




 つまみは美味しいし、価格もリーズナブル。一品のボリュームも結構あります。
 一人でぶらりとカウンターに座るというのもいいのですが、一人でいくと2~3品ぐらいでおなか一杯になりそう。


IMG_6899.jpg


IMG_6901.jpg



IMG_6900.jpg



 いやいやえがったのぉ。また行きたいです。
 ゆるりと日本酒を飲みたくなる店です。

 東京都中央区銀座2-13-14




関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ:  東京

タグ: 東京   

[edit]

Posted on 2008/10/03 Fri. 21:49    TB: 0    CM: 0

農家の洋食屋じゃが太 倶知安町  

(記2008年10月5日)
 農家の洋食屋じゃが太は、農家のそば屋の隣、京極のふきだし公園から倶知安方面に向かう道道沿いにあります。

IMG_6748.jpg IMG_6747.jpg


 先日久しぶりにランチを食べました。じゃが太コロッケセット780円は、ほくほくのコロッケが美味しいのです。
 また、結構なボリュームがあります。

IMG_6744.jpg

IMG_6745.jpg


 メニューはコロッケ以外にも、シチューやハヤシライスなどもあります。


関連記事

カテゴリ:  道央・道南 食べある記

テーマ: 北海道 - ジャンル: 地域情報

タグ: 倶知安町  後志支庁  ニセコ・羊蹄 

[edit]

Posted on 2008/10/05 Sun. 14:50    TB: 0    CM: 0

山染まる  

(記2008年10月7日)

 本日の層雲峡付近の紅葉です。

 だいぶいいカンジに色づいてきています。

IMG_6929_2.jpg


IMG_6937_2.jpg


IMG_6944_2.jpg



 今週末は見頃でしょう。






関連記事

カテゴリ: 北海道な風景

テーマ: 北海道 - ジャンル: 地域情報

タグ: 上川町  上川 

[edit]

Posted on 2008/10/07 Tue. 21:56    TB: 0    CM: 0

阿寒富士(1476m)登山記  

(記2008年10月12日)

 オンネトーの後ろには雌阿寒岳と阿寒富士がそびえ立っています。オンネトー行きを決めたあと雌阿寒岳登山も計画していたのですが、気象庁から「火口周辺警報(火口周辺危険)」が出され、雌阿寒岳には登れなくなってしまいました。
 ただオンネトー側から阿寒富士に登るルートは規制されていないとのことで、阿寒富士登山に計画を変更しました。

 オンネトーのキャンプ場の駐車場の脇に登山口があり、最初は赤エゾマツ主体の深い森の中を進んでいきます。マツの根っこが天然の階段になったりしています。

IMG_7113.jpg


IMG_7118.jpg



 登り始めてから約1時間、ハイマツが見られるなど植生が変わってくる6合目付近で視界が開け、目指す阿寒富士が見えてきました。


IMG_7119.jpg

 みえた~♪

 そしてさらに進むと眼下に絵の具を落としたような色のオンネトーが見えてきます。


IMG_7127.jpg

 Oh! BRAVO!



 目指す阿寒富士

IMG_7175.jpg





 7合目で雌阿寒岳の登山道と分岐し、さていよいよ阿寒富士のジグザグ道へ。
 阿寒富士は火山灰質の砂山といった感じで、足がずぶずぶ埋まりとても登りづらいのです。
 特にやや重い体を有するダイスケは、ほかの人より多く埋まっているのではないかと思われ、ここはひたすら忍耐の登りでした。
 ジグ行って一休み。ザグ行って一休み。一歩一歩確実に。
 冬にスキー靴履いてアンヌプリ山頂に行く、そんな感じでした。


IMG_7138.jpg

ZIGZAG ZIGZAG 忍耐忍耐



 そしてようやく山頂へ。
 雌阿寒岳、雄阿寒岳、阿寒湖、オンネトーなど、山頂からのパノラマは素晴らしかったです。苦労して登ったかいがありますね。

IMG_7147.jpg

IMG_7149.jpg


IMG_7158.jpg



 頂上は風が強く体が冷えてくるので、10分ほどで下山開始。
 休憩も入れて往復4時間の登山でした。



 ちょっと足が張ってます。これは温泉で癒しましょう。






関連記事

カテゴリ: 焚き火・ソトめし・ソトあそび

テーマ: 北海道 - ジャンル: 地域情報

タグ: 足寄町  釧路市  旧阿寒町  釧路支庁  十勝支庁   

[edit]

Posted on 2008/10/12 Sun. 12:20    TB: 0    CM: 0

チミケップ湖 ひっそり静かな紅葉  

(記2008年10月13日)

 津別町の山奥にひっそりたたずむチミケップ湖。ダート道のアクセスは快適とはいえませんが、そのアクセスの悪さが静かな環境を守っているのかもしれません。


DSCN0581.jpg
 ダート道もまたよし

 湖畔のキャンプ場は湖を目の前にした贅沢なロケーション。静かに本を読みたくなるキャンプ場です。
 秋も深まったこの時期は、人間よりも鹿の利用が多いようで、鹿のふんがあちこちにありました。


IMG_7030.jpg
 湖畔のキャンプ場

 今回は湖の横をちょっと通りすぎただけですが、紅葉がきれいでした。


IMG_7031.jpg

IMG_7036.jpg


 北見方面から行くと、湖畔の一番奥にはチミケップホテルという瀟洒なホテルが一軒あります。
 ここは私の中では、是非一度泊まってみたいと思っているホテルです。いつ行けるかな~。


関連記事

カテゴリ: 北海道な風景

テーマ: 北海道 - ジャンル: 地域情報

タグ: 津別町  網走支庁  チミケップ湖 

[edit]

Posted on 2008/10/13 Mon. 09:00    TB: 0    CM: 0

川湯温泉はええですなぁ~  

(記2008年10月13日)

 登山のあとは温泉がお約束。阿寒富士登山のあとに向かったのは、弟子屈町の川湯温泉。五寸釘を入れておくと一週間でぼろぼろになるという強酸性の温泉です。

 温泉街はどこも源泉掛け流し。これが本当にいいお湯なんですなあ。
 個人的には道内泉質5本の指に入ります。

 登山のつかれもあり、食事からもどって1時間後には爆睡。
 翌朝は気合いをいれて、早朝から硫黄山まで散策です。


IMG_7194.jpg

 朝、湯煙がたち上る


IMG_7195.jpg


 散策の途中に、足湯の掃除をしてい方から気温が0.3℃まで下がって霜も降りたから、紅葉も今日がいちばんきれいでしょうと聞きました。

 ウルシが真っ赤っかです。

IMG_7230.jpg



 そして葉っぱには霜が付くぐらいの冷え込み。紅葉した葉っぱはお菓子のようでした。

DSCN0667.jpg



 川湯温泉街から硫黄山まで片道30分ぐらいの散歩道。


IMG_7202.jpg


IMG_7210.jpg


IMG_7212.jpg


 寒いせいか、硫黄山もふだんより水蒸気がもうもうと立ち上がっていました。



関連記事

カテゴリ: 湯ったり温泉

テーマ: 北海道 - ジャンル: 地域情報

タグ: 弟子屈町  釧路支庁 

[edit]

Posted on 2008/10/13 Mon. 14:58    TB: 0    CM: 0

オンネトー 刻々と色が変化する神秘的なブルー  

(2008年10月13日)
 足寄町にあるオンネトー湖。雌阿寒岳の麓にある小さな湖です。足寄町といっても、エリアとしては、もうほとんど阿寒ですね。
 オンネトーの湖面の色は、光の具合で刻々と色が変化していきます。
 この変化する水の色を眺めているだけでも楽しいです。

IMG_7077.jpg

IMG_7063.jpg

IMG_7078.jpg

IMG_7082.jpg

IMG_7107.jpg

IMG_7083.jpg


 紅葉の時期は狭い湖畔の道路が混雑し、車を停めるのも大変な状況になります。
 落ち着いて湖を見るためには、奥のキャンプ場の駐車場に停めて、ゆっくり歩いて散策するのがオススメです。



関連記事

カテゴリ: 北海道な風景

テーマ: 北海道 - ジャンル: 地域情報

タグ: 足寄町  十勝支庁  オンネトー 

[edit]

Posted on 2008/10/13 Mon. 17:42    TB: 0    CM: 0

元祖砂湯クッシーくん  

(記2008年10月13日)
 わが輩は元祖砂湯クッシーである。

IMG_7246_2.jpg


 ・・・そうですか、元祖ですか。
 ところでその足元に見える車輪はなんスかね?

 まあいいや、見えないことにしておきましょう。

 で、元祖クッシーくんをこわしたりすると大変ですよ!

IMG_7243.jpg



 破損金100万円



関連記事

カテゴリ: B級街角探偵団

テーマ: 北海道 - ジャンル: 地域情報

タグ: 弟子屈町  屈斜路湖  釧路支庁 

[edit]

Posted on 2008/10/13 Mon. 21:39    TB: 0    CM: 0

旭岳温泉 湧駒荘でのんびりゆったり  

(記2008年10月14日)

 11日(土)、3連休初日。のはずが、東川町で18:00からお仕事・・・。
 む~、困ったもんだ。しかし東川に行くなら、それまで遊んじゃえ!ということでロープウエーに乗って旭岳を楽しもうと計画。
 だいぶ雪が積もっているようだけど、姿見の池ぐらいまでは行けるかなと考えていました。しかし当日は、残念ながらの悪天候。ロープウエーも運休で断念。


IMG_6950.jpg

 雲におおわれて真っ白

 ここまで来て手ぶらでは帰れん!ということで旭岳温泉湧駒荘で温泉を楽しむことにしました。


IMG_6960.jpg



 湧駒荘自体は歴史ある宿ですが、日帰り温泉施設「神々の湯」は2007年秋にオープンしたそうで、今はオープンキャンペーン中で、入浴料も大人800円が600円で入れます。木と石の内装がいい感じで、天井も高くとても開放感のあるお風呂です。
 お湯は源泉掛け流し、休憩所もきれいで、レストランの食事も美味しそう。

 今回はお風呂だけでしたが、食事とセットの入浴がよさそうでした。

 ロビーも素敵です。


IMG_6957_20100117144954.jpg





関連記事

カテゴリ: 湯ったり温泉

テーマ: 北海道 - ジャンル: 地域情報

タグ: 東川町  上川支庁   

[edit]

Posted on 2008/10/14 Tue. 14:42    TB: 0    CM: 0

天人峡 羽衣の滝は美人の滝だな  

(記2008年10月15日)

 旭岳はすっぽり雲に覆われての雨ですが、下界は曇り。
 登山をあきらめ、天人峡に行って紅葉を楽しみました。天人峡は、温泉宿4軒の小さな温泉郷、羽衣の滝が有名ですが、滝に行く手前の七福岩も見ごたえがあります。

七福岩(2007年10月)

IMG_1593_2.jpg


 羽衣の滝は、一番奥にある宿から先に忠別川に沿って遊歩道があり、10~15分ほど歩くとたどり着きます。
 遊歩道入り口すぐにあるのが涙岩。

IMG_6968.jpg


 天人峡の羽衣の滝は、落差が270mもあるそうですが、その流れはいたって女性的でやさしく、美しい滝です。ここの紅葉はきれいで有名です。

IMG_6969.jpg



 晴れるとこんな感じですね(2007年10月)

IMG_1581.jpg

IMG_1590.jpg




関連記事

カテゴリ: 北海道な風景

テーマ: 北海道 - ジャンル: 地域情報

タグ: 東川町  上川支庁   

[edit]

Posted on 2008/10/15 Wed. 10:48    TB: 0    CM: 0

天人峡 敷島の滝はワイルド、迫力満点!  

(記2008年10月15日)

 羽衣の滝から忠別川をさらに600mほどさかのぼりますと、敷島の滝があります。
 羽衣の滝は、天人峡に訪れた方はほぼ100%訪れるといってもいいのですが、その先の敷島の滝まで行く人はあまりいません。確かに道はあまりよくないのですが(増水時はやめた方がいいでしょう)、いきなり川っぺりに降りたりして、ちょっとしたプチアドベンチャーが楽しめるナイスな道のりです。


IMG_6994.jpg IMG_6993.jpg

 ↑こんな道を歩いて20分ぐらいで敷島の滝に到着です。



 落差はそれほどありませんが、滝の水量がすごいのです。もう迫力満点!
 離れたところまで水しぶきが飛んできます。


IMG_6981.jpg


IMG_6984.jpg


IMG_6985.jpg




 夏ならこのしぶきを浴びたら気持ちいいだろな~と思います。しかしながら、夏は虫除け対策をばっちりしていかないと大変なことになるでしょう。

 敷島の滝。滝好きの方にはオススメですよ。




関連記事

カテゴリ: 北海道な風景

テーマ: 北海道 - ジャンル: 地域情報

タグ: 東川町  上川支庁 

[edit]

Posted on 2008/10/15 Wed. 10:57    TB: 0    CM: 0

BEER BEAUTIFUL COEDO BREWERY 2  

(記2008年10月18日)

 Beer Beautiful!
 今宵はCOEDO(小江戸)ビール 再び です。

 前回は「白-Shiro-」に「瑠璃-Ruri-」でした。

 さて、今回は

 黒ビールの 漆黒-Shikkoku
 やや赤みがかったダークブラウンの 伽羅-Kyara

IMG_6948.jpg


IMG_7286.jpg


 滑らかで細かい泡立ちの漆黒。

 しっかりした味わいの伽羅。

 どちらもAll Malt。
 これからの季節にじっくり味わいたいビールです。





関連記事

カテゴリ:  BEER

テーマ: 北海道 - ジャンル: 地域情報

タグ: 札幌市  宅飲み 

[edit]

Posted on 2008/10/18 Sat. 22:56    TB: 0    CM: 0

特別なクラシック'08富良野VINTAGE  

(記2008年10月22日)

 我が家の定番ビールはサッポロクラシック。クラシック一筋10数年。たまにプレモル子やハートラン子、同族のエビ子に浮気したりしますが、やっぱりクラシック。

 そのクラシックに数量限定の特別クラシックが♪
 発見!即買いです。クリスマスを思わせる色合いの缶のデザイン。

IMG_7298_20120303170419.jpg


 サッポロクラシック '08富良野VINTAGE 摘みたて生ホップ使用

IMG_7299_20120303170419.jpg


 う~ん、ホップの香りがさわやか。うんまいですな~。

 サッポロさん、高級ビールばかりに走らないで、クラシックみたいな基本の麦芽100%を全国展開したほうがいんでないかい?




関連記事

カテゴリ:  BEER

テーマ: 北海道 - ジャンル: 地域情報

タグ: 札幌市  宅飲み 

[edit]

Posted on 2008/10/22 Wed. 22:02    TB: 0    CM: 0

微笑みの降る星 長倉洋海写真展 北海道立釧路芸術館  

(記2008年10月25日)

 微笑みの降る星 長倉洋海写真展
 北海道立釧路芸術館 2008年9月13日(土)~11月13日(木)

IMG_7302_20120303170746.jpg


 恥ずかしながら釧路出身の長倉洋海という写真家のことは知りませんでした。
 釧路芸術館に入ったのも、ちょっとした時間潰しだったのです。

 だけど入ってよかった。観てよかった。
 子どもたちの生き生きとした表情、生きているということが実感できる、そんな写真がたくさんあります。
 これを観たあとには、子どもの写真をもっと撮っておかなきゃって思いました。

 以下は、この写真展の写真集から抜粋した長倉さんの『「微笑みの降る星」展によせて』の文章です。



 紛争地や辺境の地を長く取材してきた。旅の中で、いつも魅かれたのは子どもたちの姿。初めての土地で不安がいっぱいのぼくの心をふっとなごませ、いつも友だちになってくれる。
 握手を求めると、はにかみながら小さな手を差し出してくれる。ささくれ、ひび割れていても、どこか柔らかく温かい手。その瞳の奥には好奇心があふれている。さっきまで泣いていても、いやなことがあっても、「やあ」と明るい声をかけると、すぐに笑顔を浮かべてくれる。決して楽な環境ではない。だからこそ、「今」を懸命に生きていた。つらい時や悲しい時、支えてくれる友だちと家族がいた。自然に包まれ、まわりの動物に慰められることもあった。
 心が荒むようなニュースが氾濫する現代でも、心と耳を澄ませば、子どもたちの元気な声が、大地の息づかいが聞こえてくるはずだ。
 いま、地球のどこかで子どもたちが泣いている。笑っている。生きている。草原や大地を飛び跳ね、市場や裏路地を動き回っている。
 子どもたちが踊る時、大地も一緒に踊り、躍動する。それがぼくたちの大地、私たちの生きている地球だ。




 11月13日まで。一般600円、高大生300円、小中生100円。


IMG_7304.jpg


IMG_7303_20120303170746.jpg





関連記事

カテゴリ:  道北・道東 まちある記

テーマ: 北海道 - ジャンル: 地域情報

タグ: 釧路  釧路市 

[edit]

Posted on 2008/10/25 Sat. 17:05    TB: 0    CM: 0

ポテチの季節  

(記2008年10月26日)
 じゃがいもが安くて豊富な季節。
 そして、外遊びもだんだんできなくなってくる晩秋の午後というシチュエーションが揃いますと、私のポテチづくりの虫が動き出します。

 スライスして揚げるだけ。こんな単純なのに美味しいのですね。
 揚げ始めるとすぐに子どもたちが鼻をひくひくさせて寄ってきて、揚げてるそばからつまんでいきます。
 「こらぁ!」といいつつ揚げてる本人もぱくぱく。

IMG_7327.jpg

IMG_7328.jpg

IMG_7329.jpg


 春先になると糖分が増えて焦げやすくなるので、ポテチにするなら秋がいいのです。

 塩を振らなくてもそのままで美味しい。

 ちなみに今日はメイクィーン。
 北アカリにしたり男爵にしたり、品種を変えて揚げるのもまた楽しいのでした。



関連記事

カテゴリ: いざ酔いキッチン

テーマ: 北海道 - ジャンル: 地域情報

タグ: 宅飲み 

[edit]

Posted on 2008/10/26 Sun. 21:22    TB: 0    CM: 0

最新記事

JOG NOTE

カレンダー

カテゴリ

プロフィール

ブログランキング

MY FAVORITE

ブログ村

リンク

過去記事検索

FC2カウンター

支庁・市町村タグ

最新コメント

月別アーカイブ