ダイスケタイムズ

ARTICLE PAGE

未知の距離に挑むために その3 タルラン!Go Go 小樽

(記2013年2月17日)

 先週のエニランで若干足の痛みが出ていたので、半ラン・半ウォークぐらいで小樽を目指すことにした。
 朝ごはんをしっかり食べてスタート!

IMG_5510.jpg IMG_5511_20130217102126.jpg


 今年の札幌は雪が多い。雪の細道!

IMG_5514_20130217102128.jpg


 只今の気温、マイナス6.2度!ラン&ウォークで行く予定なので、発汗量のコントロールが大事だ。汗をかきすぎるとウォークのときに急激に体が冷える。体がちょっと温まるぐらい走ってその後ウォーク、寒くなったらまた走るの繰り返しで進む。

IMG_5515_20130217102130.jpg


 道路標識に「小樽」が出てきました!青空も広がりいい感じだ。

IMG_5522_20130217102129.jpg


 走り始めて約2時間、ハラが減ってきたのでちょいと早めのお昼ごはん、らー麺とぐちにて辛味噌ラーメン。小樽まで辿り着くためには栄養補給が必要だ!

IMG_5531.jpg



 石屋製菓のチョコレートファクトリー通過!いよいよ国道5号線へ。

IMG_5534_20130217103054.jpg



 ええっ〜!小樽まで27km!!!
 家を出発してから約3時間。小樽は遠い!

IMG_5537_20130217103052.jpg



 こういうときには栄養補給!いつもの羊羹でパワーアップ!

IMG_5544.jpg


 はいはい、来ましたよ〜小樽市!距離も着実に稼いでいる。

IMG_5545_20130217103052.jpg IMG_5548.jpg



 張碓のあたりで海が間近に見えてきた。ずっと山側の歩道を走ってたのだが、海を見たくて海側の歩道へ移動。

IMG_5553.jpg


 で、なんとなく予感はしていたのだけど、海側の歩道は風をもろに受けて、地吹雪状態。ひょえ〜!失敗だったか。しかしもう戻るに戻れん!

IMG_5552.jpg



 張碓市街に歩道橋があったので山側の歩道に戻る。

IMG_5555_20130217104151.jpg


 銭函辺りからだと、かなりの標高差を登って来たがここから正念場、張碓峠!
 しかも雪がわさわさ降ってきた。

IMG_5556.jpg


 小樽市街まで12km!

IMG_5557_20130217105452.jpg



 雪の降り方がどんどん激しくなってきて、完全にホワイトアウト。足元には10〜15cmぐらい雪が積もって完全にラッセル状態。ウォークなんて言ってらんない。走らないとマジで遭難するで。

IMG_5558_20130217105451.jpg



 あ〜トンネルだ、トンネル!ここで一息つける。トンネルがこんなにウレシいと思ったのは人生初だな(笑

IMG_5559_20130217105453.jpg



 トンネル抜けても雪は激しくラッセルラッセルで進む。峠を越えて下りに入っているのが不幸中の幸いだ。
 ラッセルラッセルで体力もたん。朝里までにしよう。かなりへばって朝里駅到着。家を出てから約6時間、距離は37.2kmであった。

IMG_5561.jpg


 さあ、小樽へ出てまずは風呂だ!事前に調べておいた龍の湯温泉へ・・・
 あれ?あれ?あれ?閉まってる・・・(涙)
 張碓峠でも折れなかった心がここでポキンと!

IMG_5563.jpg


 小樽駅の観光案内所で「駅からいちばん近い銭湯を教えてください」と聞いた。
 なるとの並びに「柳川湯」はあった。あ〜よかった。

IMG_5564.jpg


 風呂上がりに小樽雪あかりの路をぶらり散策。

IMG_5581.jpg


 そしてね、どんだけ体が冷えてもやっぱりこれなんですな。

IMG_5602.jpg



 張碓峠を乗り切ったんだから、小樽も制覇!ということでよかろう!
 あ〜疲れた。




ランキング参加中。
ポチっとお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comments 2

SHOWSEI  

ダイスケさん 凄いわ〜

お疲れ様デス!

銭湯も、またにはイイデショ(笑)



2013/02/17 (Sun) 12:45 | EDIT | REPLY |   

ダイスケ  

SHOWSEIさん、銭湯最高ですよ!

冷えた体にビンビンきます!この遊び結構楽しいですよ。

2013/02/17 (Sun) 22:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply