ダイスケタイムズ

ARTICLE PAGE

2013 濃昼トレイルラン Gokibiru Trail 30K その1

(記2013年10月27日)

 今日は石狩市厚田区(旧厚田村)にある江戸時代幕末期に開かれ古道、濃昼山道を走るトレイルランの大会だ。濃昼は難読地名としても有名で「ごきびる」と読む。

 札幌は昨夜から雨が降り続き、屋根を叩く雨音が寝ていても聞こえた。朝起きても雨は降り続いている。
 天気予報を調べ、同時に近隣の温泉の営業時間も調べる。どこが朝早くから営業しているのか?

 とりあえず朝ごはんをしっかり食べる。大会の受付は済ませ、そこで状況をみて、場合によっては温泉直行でもやむなし、という判断で家を出る。

IMG_0490_20131027215708495.jpg IMG_0491_20131027215710854.jpg


 札幌の天気からして、99%ぐらい気分は温泉だった。しかし厚田に近づくにつれ雨が上がり、道路も乾いてくる。

IMG_0492_201310272200587e2.jpg


 走るのか?やっぱ、走るのか?
 もう朝から温泉だもんねモードから銭湯モード、もとい戦闘モードに気持ちを切り替えねばならん。

IMG_0499_20131027220100a74.jpg


 ということでスタートラインに立つ僕ら。今日はオレが個人戦、ツマは友達2人と3人でチーム戦に出る。

 風がびゅーびゅーで寒いが雨は降っていない。最初は受付場所でもある厚田公園をぐるっと走ってから、濃昼山道を目指す。青空が広がって虹も出て、いいスタートじゃないの!

IMG_0500_2013102722052441f.jpg IMG_0502_20131027220526cb6.jpg

IMG_0507_20131027220527abc.jpg


 厚田公園を20分ぐらい走って、そこから30分程度国道231号を走って濃昼山道の入口に着く。

IMG_0508_20131027220821dae.jpg IMG_0509_201310272208225da.jpg


 濃昼山道、とても気持ちのいい道だ。

 木漏れ日の落ち葉ロード!

IMG_0521.jpg


 見事な紅葉の山が現れる!

IMG_0522.jpg


 沢渡り。5つぐらいの沢を超えるのだけど、ここがもっとも川幅が広く、ここのところの雨で増水している。

 ここはじゃぶじゃぶ渡るしかない。

IMG_0524.jpg

 こんな感じ(これは復路)

IMG_0564_20131027221809af2.jpg IMG_0565.jpg



 アップダウンはあるものの勾配はやさしく、トレイルが気持ちいい。

IMG_0531.jpg


 そして今日は紅葉がきれいだった。

IMG_0528.jpg


IMG_0533.jpg


IMG_0536.jpg


 走りながらこんな景色を楽しむことができるんだから最高だ!

 登って沢に下りてまた登ってを繰り返し、本日の最高標高、濃昼峠357mに到着!

IMG_0539.jpg


 あとは濃昼の集落に向かっての下りとなる。結構長いこと下ってようやく集落が見えてきた!


IMG_0544_20131027222050391.jpg


 川には鮭が泳いでいる!

IMG_0545_20131027222053b35.jpg


 この大会唯一のエイドで水分補給!

IMG_0546_20131027222733861.jpg


 さあ復路へ!

 つづく!





ランキング参加中。
ポチっとお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply