ダイスケタイムズ

ARTICLE PAGE

2014北海道マラソン 笛吹きダイコンさんと楽しく完走!

(記2014年9月1日)

 2014北海道マラソン、よく晴れてピーカンの朝。お約束通り今年も暑〜い1日になった。

IMG_4933_201409012317359a1.jpg


 今年はタイムを気にせず、とにかく完走できるペースでツマをサポートすることにしていた。うれしいことにマラソンジャンキー、ダイコン小野ちゃんも一緒に走ってくれるという。

 それに加えて今年は同窓の応援パワーがさらにアップ、走っていてホント楽しかった。

domara1.jpg


 30kmまで6分半ペースを目標に、序盤は順調な滑り出し。

 小野ちゃんは笛を吹きながら、ランナーを盛り上げる。創成トンネルでは「翼をください」でランナーが大合唱!うわ~すげぇよ。なんて楽しいんだ!

 創成トンネルを出たあたりでツマがちょっと吐き気を催したが、小野ちゃんからもらったガスター10でなんとか回復。しかし17kmを過ぎたあたりから、6分半のペースがつらくなってきたようで、少しペースを落とす。

 制限時間にはまだまだ余裕がある。屈伸したり足の様子を確認しながら進み、ハーフ地点をクリア。
 ただ、そこからさらにペースが落ちてきた。いったん止まって、呼吸を落ち着かせる。26~27kmあたりでペースは回復してきた。2年前の道マラで無念のリタイアをした30㎞地点まであと少し。

 しかし28㎞を超えると大きくペースダウン。しゃべるのも辛くなってきたようだ。29㎞のところで足が止まる。足は平気だけど吐き気がおさまらないようだ。少し休んで回復を待ったが、関門時間を考えると自分の完走も危うい時間になってきた。

 ここでツマが無念のリタイア。

 ここまでゆっくり来たので、足は十分残っている。体の調子はいい。タイムを気にせず、大会を楽しもう。
33㎞あたりでねねすけのゆうさんと合流!かなりへばっていたようなんだけど、ダイコンさんと一緒に走りだす。コスプレランナーには応援の声がたくさんかかる。横で走っていると自分が応援された気になって、元気が出るという効果がある。ゆうさんもすっかりペースを回復して走りだす。


domara2.jpg


 気づくと残り10㎞を切っている。「もう10㎞もないんだ」と思った。
 2年前の初完走の時は、30㎞を超えるともう思考停止、周りをみる余裕もなくただただ足を動かして「前進」する感じで、そこからの1km1kmはすごく長い距離だった。給水でへろへろになって歩いては、また走りだすまでに思うように足があがらなかったのに、この2年、100㎞に出たりでだいぶ鍛えられたようだ。今年はずっと笑顔で走れている。

 同窓の幟をみつけては笑顔でハイタッチ、35km過ぎても、あ~オレとっても元気!
 北大構内でゆみちゃん、みゆきちゃん発見!一緒にゴールしようと声をかける。さらにちょいと進むと小野ちゃんのチーム、イオマーレのかげさんが居る。ずっと先を行ってたはずなのに、「一緒に走ろうと思って」と待っていたようだ。

 40㎞関門を10分前にクリア。もう完走は確実。ゴールまでちょっとペースが上がっちゃったようで、ゆみちゃん、みゆきちゃんが居ない。
 ゴール直前の大通で二人をしばし待つ。ゆみちゃんが来た時点でゴールを目指して再び走りだす。
 みんなで手をつないでゴール!

 4時間58分30秒、制限時間目一杯使って楽しみました。

 自分なりのタイムを目標に走るのも楽しいけど、こうやって与えられた制限時間の中で大会を楽しむっていうのもいいなあと感じた今年の北海道マラソンでした。

 完走後のビールがしみる!応援してくれたみんな、フライングしてごめんね。

IMG_4934_20140901231735477.jpg


 夫婦で完走は来年のお楽しみだ!


IMG_5001_20140901231738c20.jpg



 しかし今年のエイド、出場者が増えたせいか、5時間ペースのランナーが行く頃には、コップがない、スポーツドリンクがない、バナナがないなど、なかなか満足な補給ができなかった。
 それと紙コップのゴミ箱。両サイドに置くとか、もう少し増やしてもらえると、ゴミ箱に捨てられるんだけど今の状況ではランナーに割り込まないと捨てられない。

 来年は改善を望むところだ。定員増やせばいいってもんじゃない。






ランキング参加中。
ポチっとお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply