ダイスケタイムズ

ARTICLE PAGE

小樽駅前長崎屋の地下 どんど

(記2015年12月26日)

 長崎屋の地下、というのは何か独特の血が流れているのであろうか。

 札幌にかつてあった長崎屋の地下には「しなの」という焼きそば屋があり、中高生を魅了していた。いまその血は大通の焼きそば屋に引き継がれている。


 そして小樽の長崎屋の地下はこれだ!


IMG_6062_201512192236190cb.jpg



 どんど!


IMG_6056_2015121922250443b.jpg



IMG_6056_20151226142617573.jpg



 ジャンボとかスーパージャンボというメニューに血を感じるのである!


IMG_6057_201512192225115aa.jpg



 味なんてどうでもいいのだ!こういう場所が残っていることが素晴らしい!

 スーパージャンボに玉子だ!


IMG_6058_201512192225108f5.jpg



 このビジュアルがいいですね!


IMG_6059_20151219222509d13.jpg



IMG_6060_20151219222510cb4.jpg



IMG_6061_20151219223619118.jpg



 この日は、打合せが長引いてお店に入ったのは午後2時過ぎ。そのときは30代ぐらいの女性のお客さんが1名。その後、おばあさんやおばちゃんがどんどん来て、男性客は私だけ!これはちょっと意外だった(^^)



 ごちそうさま!










ランキング参加中。
ポチっとお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comments 2

ニシシ  

う〜。
長崎屋の地下には行ったばかりなのに。
気づかなかったです。
テナントと言うにはおこがましい様な雑貨屋さん等はのぞいたのに。
また行かねば。

2015/12/26 (Sat) 07:42 | EDIT | REPLY |   

ダイスケ  

わはは!いいでしょう。小樽のおばちゃんが「並」と言ってカウンターに座る。いいですね。
味はまあ見た通りです。是非お立ち寄りください。

2015/12/26 (Sat) 14:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply