ダイスケタイムズ

ARTICLE PAGE

ワラーチ日記 その4 これまでのワラーチ作り まとめ

(記2016年8月14日)

 ワラーチを始めたのが去年の6月。ワラーチ作りや紐の結び方で参考にしたのは、木村東吉さんのホームページ


 ワラーチが楽しくて、出張先で100均ビーサン・ワラーチでペタペタ走っていたら、鼻緒が外れて道路に思いっきりダイブし、膝をしたたか擦りむいて流血したのが、今からちょうど1年前の8月であった。

 あ〜鼻緒が切れたらあかんのだなあ、と痛感!

 ワラーチに正しい作り方や正しい紐の結び方なんてものはない。ソールと足とが、しっかりと一体となって走りやすければいいだけの話なので、紐の結び方も様々だ。いろいろ工夫して改良するというのも楽しみ。

 紐の結び方をはじめ、ワラーチを作っている方のブログやFBのワラーチ倶楽部というグループでいろんな人が発信する内容を参考に、自分なりにいろいろ試行錯誤して、なんとなく自分にはこれが合っているなあ、という形にたどり着いた。

【ソール・フットベッド】
 ビブラムソールは、これまで8338(厚み7mm)と8327(厚み10mm)を使ってみた。

 8338のときは、これに東急ハンズで買った5mm厚のEVAスポンジシートを貼り合わせてソールにしている。スポンジシートの効果でクッション性がある。スポンジシートは3mm厚もあるので、そのうちこれも試してみたい。ワラーチを極めていく人はソールは薄く、となるようだが、私の場合はある程度の厚みがあった方が好みだ(今のところ)。


IMG_2400_2016081410315177f.jpg


IMG_2401_20160814103149961.jpg



 8327は厚みがあるのでEVAスポンジシートは貼らずに使っている。走った感じはやや硬い感じがするが、走れば走るほどソールが足の形に馴染んでくるのが、なんとも嬉しい。


ビブラムシート



 ワラーチを作る前はフットベッドなんて単語は知らなかった。簡単に言えば、ソールと足裏の間に置かれるもので、靴ならば中敷であり、ワラーチの場合はソールの上に何かを貼るかどうかということになる。

 フットベッドを貼らない選択肢もあるが、ネットで発信される情報から、フットベッドとして濡れても滑りづらいと評価の高いノンスリップ・レザーをネットで取り寄せて貼っている。


img58957842.jpg



【窪みを作る】

 鼻緒とくるぶしの紐を通す箇所は、紐がなるべく路面と直接触れないように、窪みを作る。

 窪みを作る範囲をカッターで四角にラインを入れ、そこを丁寧にゆっくりほじくり返す。くるぶしのところは、ソールを切ってしまわないように慎重に。


IMG_2504_20160814103643c17.jpg



IMG_2502_20160814103641ecf.jpg



IMG_2500_201608141036435a2.jpg


 これをやるだけで、紐の持ちが全然違う。



【ダブル鼻緒システム】

 鼻緒が切れるとアブナイ!ということを身を持って体験したので、鼻緒はダブルにした。2本同時に切れることはまずなかろう。


IMG_2499_2016081410422399b.jpg



 初代快足くんは、鼻緒のソールの部分はシューグーで固めてしまったが、鼻緒が切れたりすると修理ができなくなってしまう。


IMG_1840.jpg



 今は固めないで、切れそうになれば取っ替えちゃえばいいじゃんシステムに変更した。
 というのも、鼻緒は100均で売っている江戸打ち紐で作っているので、一本買えば大量に製作可能だ!


IMG_2606_201608141043432b9.jpg



【紐】

 ABCマートで売っていた140cmのラスタカラーの靴紐!この紐、柔らかくて肌に当たる感じがやさしいこと、適度な伸縮性があること、ひも同志の摩擦で締めた箇所が緩みづらいといった点で今いちばん気に入っている。
 ただ最近ABCマートで売ってなくて、どうしようかと思っていたんだけど、手芸店で同じ紐が売っていることが分かって一安心。


IMG_2706.jpg



【紐の結び方】

 基本は東吉さんの結び方なんだけど、鼻緒を付けている点でそこから違う。まず鼻緒と結ぶ。これはちょっとカッコつけて、手芸店で売っている道具を使ってみた。

 で、外側のくるぶしから回して、内側のくるぶしへ。


IMG_2611_20160814104816811.jpg



IMG_2612_20160814104819b4a.jpg



 ここから鼻緒へ下から通して、内側のくるぶしへ戻す。


IMG_2613_201608141048208cb.jpg



IMG_2614_20160814104823d36.jpg



 戻した紐を、鼻緒と結んだ紐の下から輪を出して、その輪に紐を通して、ここでしっかり締める!


IMG_2615_20160814104822d4a.jpg



IMG_2616_20160814105106ca8.jpg



 そこから外側のくるぶしの方に紐を通し、ここも同じく下から輪を出して、その輪に紐を通して、ここでもしっかり締める!


IMG_2617_201608141051090be.jpg



IMG_2619_20160814105109cdb.jpg



IMG_2620_20160814105112165.jpg



 さて、ここからオリジナル。紐を内側のくるぶしの方へ回して、かかとに回している紐を引き上げる。

IMG_2625_20160814105422dad.jpg



IMG_2621.jpg



IMG_2622.jpg



 外側のくるぶしの方へ回して、同じように引き上げる。


IMG_2623_2016081410541918b.jpg


 ここで締め具合を調整。きつくもなく、緩くもなく。これで、ワラーチが足にいい感じで吸い付いて、とっても走りやすい。

 そして最後は、紐を巻きつける。この紐のいいところは、巻きつけるだけで緩まないことだ。フルマラソンや100kmマラソンを走っても、緩むことはなかった。


IMG_2624_2016081410542051e.jpg



 ワラーチ作りは人それぞれ。それが楽しい。

 私もいろんな人の作り方を参考にしたので、これから作る人の参考になればいいなと思ってアップした。

 まだこれからもいろいろ変わっていくだろうなあ(^^)


IMG_2626_201608141057230d3.jpg



IMG_2627_20160814105724b65.jpg








ランキング参加中。
ポチっとお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comments 2

ニシシ  

ワラーチがどんどん広まるといいですね!

2016/08/14 (Sun) 23:34 | EDIT | REPLY |   

ダイスケ  

あの開放感を味わったらもう戻れません(笑)
そういう点では、総額216円のビーサンワラーチは入り口としていいですよね。

2016/08/15 (Mon) 15:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply